2018年03月12日

東日本大震災7年目 気仙沼市

2018年3月11日(日)東日本大震災発生から7年が過ぎました。
2011年の5月から活動を開始した「きもの支援活動」その後の
「被災地の女性手仕事プロジェクト」あっという間の7年間でし
た。
新たな展開も含め、気持ち新たに今後も引き続きプロジェクトを
継続して参りたいと思います。

昨日、震災から7年目を迎える宮城県気仙沼市に行って来ました。
気仙沼湾を見渡せる「気仙沼魚市場」の屋上駐車場には地震発生
時の2:46に合わせ祈りをささげるため多くの方達が集まっており
中には喪服姿の方も、防災放送の案内のもと皆さん海に向かいそ
れぞれに祈りを捧げ黙祷されていました。

被災地は復興事業により、町は嵩上げやその後の商業地の整備
高台の宅地造成、復興公営住宅の整備等でだいぶ落ち着きを取
り戻してきつつありますが、7年を経過し以前の様な復旧までも
あと何年かかるのか、又、本当の復興と言える状況まで何年の
月日を要するのか、未だ先が見えない地域があるのも被災地の
現状の様です。

最近では被災地を離れ、流出する若い人たちが多く人口減少と
高齢化で復旧後の産業や経済が成り立つのだろうかと心配する
向きもあり、被災地の新たな課題と成りそうです。

DSC_0096-1.JPG

DSC_0103-1.JPG

DSC_0104-1.JPG




posted by 和 夢 at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

陸前高田市 津波の脅威

陸前高田市の旧国道45号線沿いにある、ガソリンスタンド
海から500mほどの所にあり、震災の津波で壊滅したものの
かろうじて看板だけが残り、震災後はその津波の高さを知らせる
ものとして残されていました。

しかし、国道45号線の嵩上げと移転に伴い、その看板は取り壊される
事になったようです。

当初、ガソリンスタンド側では地震に伴う津波の恐ろしさを後世に
知らせる遺構として残したいとの思いがあったらしいのですが
新しい陸前高田市の街づくりのため断念した模様です。

DSC_0249-2.JPG

DSC_0249-1.JPG

DSC_0249.JPG

posted by 和 夢 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

オリジナルタグ付き手仕事作品

被災地の女性手仕事プロジェクトでは今年から「オリジナルタグ」を
付けた手仕事作品の受注を始めます。

これまで、お店などで扱って頂いていた手仕事商品にそのお店のロゴ
や店名を印刷したロゴテープを付け、オリジナル感を出した作品を展開
していくことになりました。

受注品に限らず、今後は製作者各自のタグも作り、誰が手掛けたものか
販売会でも、お客様に製作者の顔が見える商品づくりをしてまいります。

DSC_0240.JPG
ブックカバーとジャバラカード入(参考作品)

DSC_0241.JPG

DSC_0243.JPG


posted by 和 夢 at 15:58| 被災地の手仕事プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。