2015年05月12日

きもの素材支援 配布会

5月10日(日)陸前高田市米崎町の当NPO陸前高田支部、金野様宅をお借りし全国よりご支援頂いたお着物や帯小物の内、汚れ等でお渡し出来なかったものを手芸用の材料としてお渡しする配布会を開催いたしました。
当日は、岩手日報社様・東海新報社様に予告掲載を頂き、会場時間10時の1時間前から多くの方がお越しになられました。
時間の10時に開場、色々ときものを手に取られながら「これで何を作ろうか」「これは何をつくるのに良さそう」などこれからお作りになられる作品のお話や「これは綺麗」「昔こんな色のきものを持っていた」など話されながらきものを品定めされていました。
中には、「震災前、きものが好きで沢山作ったが全て津波に持っていかれてしまった」「でも、震災から4年がたちこうしてきものを見ると、又、きものを着たいと思う気持ちが出てきました」と話される方もおられました。
陸前高田市は市の大半が津波で壊滅的被害を受け現在も町の形は出来ておらず、4年が経過したものの復興にはまだほど遠い状況にあります。
全国より皆様がお送りくださった「きもの」がそんな状況に身を置かれる方達にひと時の安らぎの時間を作ってくれています。
あらためて、ご協力頂きました皆様に御礼を申し上げます。ありがとうございました。

IMG_6551-1.jpg

IMG_6556-1.jpg
posted by 和 夢 at 15:36| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。