2016年04月25日

第6回 二度と散らないねがい桜奉納式 陸前高田市 普門寺 2016.04.24

2016年4月24日(日)13:00〜 岩手県陸前高田市 海岸山 普門寺にて

第6回二度と散らないねがい桜の奉納式を執り行わせて頂きました。

当日は天気にも恵まれ多くの方にご参列頂きました。
全国のご協力者やご支援を頂いた方々よりお送りい頂き、今回の奉納式で奉 納されたねがい桜の数は2267花、前回 までの奉納数と合せ約7000花となりました。
目標とする東日本大震災での死者行方不明者の御霊18550花までには未だ遠く今後も活動を継続して参ります。引き続き皆様のご協力をお願い致します。

今回の二度と散らないねがい桜奉納式では、ねがい桜の奉納以外にも新井満さんと山本 二三さんがお創りになられた絵本(奇跡の一本松を題材とした)希望の木の絵を京都で西陣織の織画を手掛ける京都企画会議様が創作した「希望の木」の織画を陸前高田市に寄贈、又、津波で流され泥だらけで放置されていた着物や帯を京都の加工職人が綺麗に再生し、鹿児島の「きの和装学園」の宗家がオブジェに創作した「永遠の結び」が奉納されました。
又その後は、地元合唱団による「二度と散らないねがい桜」の歌やピアノの演奏なども行われ、美しい歌声や音楽に多くの方が聞き入っておられ、和やかな中、午後3時に終了。

来年も桜の咲く同時期頃に第7回二度と散らないねがい桜奉納式を執り行いたいと考えております。
ご支援ご協力を賜りました全国の方々に改めて御礼感謝申し上げます。又、今後ともよろしくお願い申し上げます。

DSCN1738-1.JPG

DSCN1757-1.JPG

DSCN1772-1.JPG

DSCN1781-1.JPG

DSCN1783-1.JPG

DSCN1804-1.JPG

DSCN1810-1.JPG







posted by 和 夢 at 12:20| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きもの支援 きもの素材 配布会 陸前高田市で開催いたしました。

2016年4月16日午前10時より陸前高田市にてきもの支援きもの素材配布会を開催いたしました。
全国からこの日までお送り頂いた着物や帯小物は1000点以上、地元紙の東海新報様、三陸新報様、のご協力で広報を行い開催、当日は10時からの配布にも、8時過ぎには整理券を求める方もおられました。
東日本大震災から5年が経過し物的支援はだいぶ行き届いてきており、行政側も自立を促す意味でも消極局的になっております。当支援センターでも今後は「きもの支援」から、現在も進行中の「被災地の女性手仕事プロジェクト」を中心に取り組んでいきたいと考えております。

震災直後より「仕事支援」として沢山の手仕事や物づくりの支援活動がございましたが、昨今は多くのそのような活動が撤退しており、だいぶ少なくなっています。
被災地では住宅の再建や修復が始まり再建費用を捻出するため収入を得る必要性があるにも拘らず、特に女性が関われる仕事は少ないのが現状です。
今後も「被災地の女性手仕事プロジェクト」では、今日までご支援頂きました着物の生地を使った物づくりを末長く継続して参ります。皆様のご協力を賜れましたら幸いと存じます。

DSCN1704-1.JPG

DSCN1709-1.JPG

DSCN1717-1.JPG
posted by 和 夢 at 12:05| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。