2017年12月28日

被災地の女性手仕事プロジェクト 来年に向けて

被災地の女性手仕事プロジェクトも活動開始から来年で7年目を迎えます。
活動を始めた2011年6月、震災の後、仮設住宅が整備され始め避難所から
被災された方達が仮設住宅に移られた頃、以前住まわれていたコミュニティ
とは関係のない新しい環境に置かれ、毎日何もすることが無く孤立した状況
にある等との新聞報道がありました。

そんな折に私共「NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会」が震災の年の
4月から活動を開始した「きもの支援活動」の中で、全国のきものファンより
支援頂き被災地にお届けする「きものや帯等」の中で汚れや破損でお渡し出来
ないものが出ており、そのきもの等を利用してそのような方達の中で手仕事に
興味がありやってみたい方達を募り活動を開始、やりがいと収入を得て頂く為
の手段として、ものづくり活動を始めました。

そして初めて手掛けた「幸☆星コースター」(コースター)は全国な方々より
大変好評を頂き、活動開始の大きなバネとなりました。

その後、「福幸ピエロのシューズキーパー」や「さくらコースター」の定番
からはじまり参加メンバー独自のバックや小物等々、バラエティーな作品を
お作りになる様になり、「被災地の女性手仕事展」のようなNPO会員様や関係
各所のご支援により販売会も全国各地で開催委頂くなど現在に至っております。

しかしながら、東日本大震災から来年3月で7年を迎え、「震災の記憶の風化」
とともに販売会の回数も減少してきておりますが、せっかく今まで積み重ねた
手仕事の技術と想いを今後も継続し、新たな作品開発や取り組みも含め「被災
地の女性手仕事」の新たな展望を来年の目標とし、取り組んでいこうと考えて
います。

DSCN3182.JPG
初めての手仕事作品「幸☆星」コースター、被災された方達に幸いの星
が巡り来ますようにとの想いから名づけられました。

DSCN3183.JPG
手仕事作品、第二弾の「福幸ピエロのシューズキーパー」

posted by 和 夢 at 10:54| 被災地の手仕事プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

たたみ絞り 

来年、被災地の女性手仕事プロジェクトの仲間で「たたみ絞り」に
挑戦しようと思っています。

たたみ絞りとは、生地を折り紙のように折りたたんで染める染技法
麻の葉柄や雪の結晶の様な模様等の幾何学的な模様を染めることが
出来ます。

折り方次第で柄が変わり、染液(染料)に漬ける位置によっても柄
が変わるとの事、畳んだ布は板で絞めて染めるらしいのですが出来
上がるまで(板を外して広げた時の染まり具合)は作られる方もど
の様な出来栄えかはなかなかわからないらしいく・・特に私たちは
初心者ばかりなので色々と試行錯誤する事になりそうです。

DSCN4686.JPG

DSCN4687.JPG
たたみ絞りのゆかた、綿素材です。





posted by 和 夢 at 16:08| 被災地の手仕事プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

被災地の女性手仕事展 15日から八王子にて開催

12月15日から当NPO会員様の東京都八王子市の西川株式会社(きもの 
にしわ様)にて「被災地の女性手仕事展」を開催頂く事になりました。
にしわ様には震災直後より「きもの支援」活動に大変ご尽力を頂いており
その後の「被災地の女性手仕事プロジェクト」「二度と散らないねがい桜」
ご奉納の活動等にも被災地まで何度も足をお運び頂き、「被災地の女性手仕
事展」も毎年開催頂いております。

私どもの「被災地の女性手仕事展」も2011年より活動を開始し現在に至り
ますが「震災の記憶の風化」と共に開催頂く先も減少してきており、新ら
しい作品作りや対応方法など改善しながら、取り上げて頂ける内容を提供
出来るよう今後も活動して参りたいと思います。

はがき用.JPG
被災地の女性手仕事プロジェクトの商品群(一部です)

IMG_2475-1.JPG
被災地の女性手仕事展(販売会の様子)(新潟)


posted by 和 夢 at 16:53| 被災地の手仕事プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。